Menu

マシソンさんのモットンと雲のやすらぎ悪評の真相を調べたよ! 6月 6, 2017

モットンと雲のやすらぎの良い評判悪い口コミを比較

腰痛にいいマットレスを購入しようと考えた時、候補にあがってくる商品はなんでしょうか?
多くの人が「モットン」「雲のやすらぎ」この二つをあげてくるでしょう。
ふたつのマットレスはどんな特徴があるのか?どちらが自分に合っているのか?選び方の基準は?そしてふたつの口コミや評判は?などモットンと雲のやすらぎを比較してみました。

雲のやすらぎの特徴

・厚さが17cmあってかなり厚い。
・リバーシブル設計
・高品質羊毛を使用している
・厚いけれど通気性に優れている

まずは最初に見たときに、その厚みとボリュームに驚くでしょう。そして寝てみたいと思うのではないでしょうか?
雲のやすらぎの厚さは17cmあるのです。
モットンの厚さが10cmですから、その違いはひとめでわかります。
雲のやすらぎの厚さの中身はどうなっているのでしょうか?
17cmの厚さの中は5層構造になっています。
一番まん中には厚さ40mmの高反発スプリングマット、それを挟んで50mmの凹凸アルファマット、一番外側が15mmのロレーヌダウンとマイティトップⅡと上下で違う素材になります。
凸凹の形状のアルファマットは、体圧を点で支える効果があります。
まん中の高反発スプリングマットが、体重を押し返し、筋肉を和らげて心地よい寝心地を実現しています。

モットンの特徴

・厚さ10cmの高反発マットレス
・カバーは肌触りがいいベロア生地
・体圧分散に優れている
・通気性に優れている
・二つ折り三つ折りでの収納が可能

モットンの中身は高反発ウレタンです。
通常マットレスは敷布団の下に敷くのを想定されて、4cmの厚さになっているのですが、モットンの場合は直接床に置く、ベッドマットとして使う、ベッドマットの上に敷くと、様々な使い方で使えるのが特徴的です。
雲のやすらぎですと17cmの厚さは、ベッドマットの上に置いて使うという使い方はできないでしょう。悪評もあるのはどうなのでしょうか。
それ一枚で使うことしかできないため、使い方が限定されてきます。
しかし、その悪い評判も覆すくらい高い評価を得ているのがモットンです。

参考 モットン悪評【公式】

モットンの場合は、薄すぎて底付き感が出るわけでもなく、硬いマットレスの上に敷くこともでき使い方が広がるのがいいと感じます。

雲のやすらぎの収納

厚さが17cmもあると収納はどうするんだろう?
折りたたむ事ができるのか?
疑問に思いますよね。実際雲のやすらぎを買った人たちは、収納に苦労していました。
一応折りたたむ事も出来ますが、折れにくい、強制的に折りたたんでゴムで止めないとすぐにまっすぐになってしまいます。

押し入れにかなりスペースがないと収納する事もできませんし、毎朝折りたたむのは本当に苦労します。
しかし敷きっぱなしもよくありません。最低1週間に1度は風通しが良いところで陰干ししないとカビが生えてきてしまいます。
悪評があるある雲のやすらぎを使っている人の体験談では、1カ月敷きっぱなしにしたところ、裏面にカビが生えてきたそうです。
干すと言っても重さがありますので、女性が一人だとこれまた大変なことになります。
使い方に工夫が必要だなと感じますね。

モットンの収納

モットンは雲のやすらぎほどの厚みがありませんので、二つ折り三つ折りに苦労する事はありません。三つ折りにしても上に夏用の布団程度の重さの物(400g)上に置くだけで、広がってしまうことはありません。
専用のバンドを利用すると、ますます収納に便利になります。
モットンのマットレスも敷きっぱなしだと、カビが生えてしまいます。
雲のやすらぎと同様に1週間に1度程度の陰干しが必要です。

どちらの商品も、フローリングなどに直接敷くときは、スノコなどの上に置くことを推奨されています。

モットンと雲のやすらぎの口コミ比較

実際に購入して使った人の口コミを見ることで、本当の評価がわかります。
ふたつの商品の口コミをまとめてみました。

雲のやすらぎの良いクチコミ悪い評価

・寝心地がとても良いです。体が楽に眠ることができます。
・寝て起きたときに肩こりがひどかったのがなくなりました。腰痛にも効いてる気がします。
・布団の下側に凄い水分がたまっていました。本当にこまめに干すことが大切です。
・寝心地がいいのですが、腰痛効果は今のところ感じません。
・重くて取り扱いが大変、収納する事ができずに敷きっぱなしです。
・朝起きるときに、楽に起きることができるようになりました。
・羊毛の肌触りが気持ちいいです。熟睡できます。
・収納が大変なので、大きい押し入れがある人向けです。

モットンの良い口コミ悪い評価

・使って1カ月、腰が楽になっているのを感じます。熟睡できるようになりました。
・使いやすいし、寝やすいし、しまいやすいので、そして安いと私にはぴったりです。
・最初は硬さがあわなかったら、交換してくれました。対応が良くて驚きました。
・腰痛に苦しんでいた母親にプレゼントしました。喜んで寝てくれています。
・運転の仕事をやっていてずっと腰の痛みに苦しんできました。改善したので助かりました。

口コミは個人の感想で、人によって効果は違います。

まとめ

モットンと雲のやすらぎについて比較しました。
マットレスは人によって合う商品が違いますので、こっちの方がいいとは言えません。
ふたつの商品の大きく違うところはやはり厚さ!
厚さに関することを中心に比較したので、参考にして下さい。
値段は全く同じなので、自分に合ったもの、家の環境に最適なものを選んでください。

マシソンさんのモットンと雲のやすらぎ悪評の真相を調べたよ! へのコメントはまだありません
カテゴリー: Uncategorized

あの若かりし腰痛知らずの頃にもどりたい人は悪評もあるモットンを 5月 14, 2017

腰痛持ち2年目の女性、二十代後半です。

二十代で若かりしなんて言ったら怒られるかもしれませんが、数年前までそれこそ腰痛知らずでした。
介護職5年目になりますが介護業界では腰痛は「職業病」とも言われています。なるべく腰に負荷のかからない介助を心掛けているつもりでも大柄の方を抱えたりで大ダメージ、アクシデントに対応した際に変に捻って特大ダメージとリスクが常につきものです。
そんな環境で疲労が少しずつ蓄積したこともあるのでしょうが、ある日突然ぎっくり腰をやらかしてしまいました。重いものを持ち上げたわけでもなく、介助中でもなく、ただしゃがんでいる体制から立ち上がろうとした瞬間に電撃が走りました。
立つこともできず座ることもままならず四つん這いになるのがやっとで泣いた日を忘れません。横になっているのが一番楽なのですがそれでも痛みは襲います。

痛み止めの強いものを処方され、本当にひどい数日は坐薬まで使いました。
二日間ほぼ寝たきりでした。動くと激痛が走るのでトイレにも這って行く始末。おかげで少し痩せれたと後々嬉しいおまけはついてきましたが、二度と体験したくありません。
それからというものの、ぎっくり予防に仕事中は腰痛ベルトを必ず装着しています。接骨院にも通っていますが腰が捻挫している状態らしく根気よく通わなきゃよくならないと言われ、そんなに頻回に行けるわけでもなくギリギリのラインで今働いています。
上記の腰痛ベルトですが、確かに腰が楽になりますが支えてもらっていることもあって少し弱くなってしまった気もしています。(ベルトをしていない日常生活時に強く感じます)

付けっ放しは良くないとも接骨院の先生にも言われたので仕事が終われば即外すようにしていますが何か良い方法はないかと寝る前に腰痛防止体操(仰向けで腰を捻ってみたり、膝を抱え込んでみたり)しています。また1日に1回のラジ
オ体操を真剣に取り組むことでも腰痛予防のひとつになるそうです。ラジオ体操なら気軽に取り入れられそうですね。

兎にも角にも腰痛は一に安静、ニに早期治療と言われています。

しかし、モットンマットレスを使うことで私の腰痛は面白いように治ったのです。

無理祟ってしまうと本当にわたしのように動けなくなってしまいますし、言葉に現しきれないほどの痛みは本当に辛いものです。ぎっくり腰は繰り返すともよく聞くのでひどくなる前に是非メンテナンスに接骨院や整体院に通ってみてください。ちなみにわたしは、そろそろヤバイって時に腰がピリピリし出すのでそれを目安に通いだします。

あの若かりし腰痛知らずの頃にもどりたい人は悪評もあるモットンを へのコメントはまだありません
カテゴリー: Uncategorized

えっ!まさか自分がぎっくり腰になるなんてでもモットンがあれば大丈夫 5月 12, 2017

自動車を降りようとドアを開け、足を地面に着けた瞬間、腰に激痛が走りました。そのまま地面にうずくまり数分間立ちあがることができませんでした。これがぎっくり腰か。人の話にはよく聞いていましたがまさか自分がなるなんて。その後、歩いて家に入りましたが、それから約1ヵ月間に数回の激痛と腰の違和感に悩まされました。
「ぎっくり腰」の正式な名称は「急性腰痛症」と呼ぶそうです。お医者さんで検査をしても椎間板や骨格組織にも異常が認められないそうです。立ち上がれないほどの痛みなのに異常がないと言うのは少々納得がいきませんが、異常があっても困りますので良しとします。その後、治療のために週一回、整形外科に通院し腰にブロック注射を打ってもらうことで改善しました。このブロック注射がとても痛くて嫌だったのですが、それ以上に嫌だったのが注射を打つまでの待ち時間です。診察台にうつ伏せになり、ズボンをお尻の半分の所まで下した状態で、先生が注射を打ちに来るのを待っているのです。隣を見るとやはり同じ姿で先生を待っています。この「半ケツ」状態のまな板の鯉になっている私たちの横を、若い看護師さんが行きかう状況は客観的に見て滑稽であり情けない姿でしかありませんでした。
 通院するのをやめてからも、多少腰に違和感があったので、重い荷物を持つ仕事は避けさせていただきました。職場のみなさんには、とてもご迷惑をかけてしまいました。私より年配の方や女性が重い荷物を持っているのにも関わらず、自分は何もできないということに不甲斐なさを感じました。
 ぎっくり腰になる主な原因は筋肉疲労、骨格の歪みそして急激な腰への負荷です。私も思い当たる節があります。まず、筋肉疲労。ぎっくり腰になった当日は、睡眠不足等で疲れがたまっているなか、日中、普段はあまりしない重い荷物を運ぶ仕事をしていました。また、仕事が終わった後は40分間自動車を運転し帰宅しています。骨格の歪みは、私は姿勢が悪いので骨格が歪んでいるかもしれません。
 ぎっくり腰をやってから2年が経ち、今では重い荷物を持つ仕事も積極的に行っています。あの激痛と嫌な思い…今私が二度とぎっくり腰にならないために気を付けていることは、姿勢を正すこと。適度な運動をすること。疲れをためないことの3つです。でも、これって、言い換えれば「規則

正しい生活をする」と言うことで、日々健康に気を付けていれば、ぎっくり腰の予防にもなるということなのです。そう言えば、私最近、風邪もひいていないかもしれません。

結局、モットンのマットレスで腰痛は治す事ができたので良かったです。

えっ!まさか自分がぎっくり腰になるなんてでもモットンがあれば大丈夫 へのコメントはまだありません
カテゴリー: Uncategorized

関係ないと思ったら実は枕だった…睡眠の質を上げる大切さ。 5月 5, 2017

34歳にもなると身体にガタが来るのも当たり前で、毎日同じ体勢でパソコンを打ってると、運動不足にもなる。
ある日、突然腰が痛くなって、会社のデスクチェアーから立てなくなってしまいました。
終業まで1時間を切っていたので、どうにか我慢して作業していたのですが、コピー機を使うために立った時に、じっと痛みを耐えなくてはならないくらいになってしまい、歩くのもやっとで、結局、会社の近くでタクシーを拾ってそのまま20歳からお世話になってる整体院へ直行。
私「腰が曲げられないんです。捻るととても痛くて…」
先生「何か重いもの持ち上げた?」
私「いいや、そんな事ないんですよね…いててて…」
先生「冷やしたりしなかった?」
私「基本、シャツインしてるんで…」
先生「今って、椅子の生活??」
私「いえ、こたつです」
先生「座布団敷いてる?」
私「はい、座椅子です…アッ!この間、友達が来た時に私は座椅子を譲ってしまって、床に直接座ってました」
先生「たぶんそれだね…筋肉が硬直してしまって、痛みが出たんだろうね」
フローリングの床に座っただけなのにぎっくり腰と同じ状態になってしまった私…。
治療に3週間ほど掛かりました…。
通常の施術とリハビリテーションを交互に繰り返し、少しずつ動かして、体幹を鍛えるトレーニング(フロントブリッジなど)をやってどうにか復活!
先生曰く「腰だけでなくて首から悪くなってるね。首が凝って肩が固くなって、背中に影響が出て、腰や股関節に来るんだよ」と。
そこで先生が「枕作ったら?」とおっしゃいました。
以前、テレビを見てて気になっていたので、いろいろと聞きました。
本当はマットレスの方が効果的なんです。
でも、マットレスは本当に良いものでないとなかなか効果が出ないし、合わないものを買ったときは、逆に身体に負担を掛けてしまうので、お手軽に買える枕を勧められました。
私が使っているのは「じぶんまくら(http://jibunmakura.com/)」です。
車で30分ほど走ったところにある布団屋さんで作れることを先生に教えてもらい、腰の状態が良くなった頃に作りに行きました!
最初に立った状態で頭と首のカーブを測り、そのデータを基に枕に綿やエラストマーチップなどを詰めていきます。
枕の中は、18個の部屋に分かれていて、頭の形に合わせて1グラム単位で素材の量を調整してくれます。
メンテナンス料も一生無料なので、最初は2万円以上の枕ってどうなんだろう?と思いましたが、以前は、よく起こしていた首の寝違いや起きたときの体の痛みもなくなりました。
腰だけの問題だと思っていた事が、実は首の問題だったんです。
「寝ても疲れる」「起きたときに首や腰が痛い」と言う人にはおすすめです!

関係ないと思ったら実は枕だった…睡眠の質を上げる大切さ。 へのコメントはまだありません
カテゴリー: Uncategorized

数年ぶりのひどい腰痛に襲われた時はモットンで決まり! 5月 1, 2017

先々週の月曜日の朝目が覚めるとやけに腰が重く、布団から出ようとしたらさらに重く、起き上がるのがやっと。
トイレに行くのも一苦労なくらいに痛みが走りました。少し落ち着いけば収まるだろうとソファーに座ったいましたが
だんだん痛みがひどくなるばかり。そのうち座ったり、立ったりすると痛みが腰全体に広がってる。
自転車ロードのトレで多少の腰のこりはいつものことですが、明らかにいつもと違います。これはおかしい。
両脚前腿の痛みも強くなってる。じっとしていても痛くてたまらん、ということで会社に連絡し休みを頂きました。

辛い腰痛に悩まされた時はモットンのマットレスで決まりです。

整形外科にTELしたところ、混んでいるので1時間以上待ちますと、無常のお言葉。

とても待ちには耐えられないので、接骨院に行くことを選択しました。
というのも、かかりつけの整形外科は待ちに待って、レントゲンとって様子みましょう、
湿布出しときます、になりそうだったので行かなくて正解かも。
そこの接骨院はすぐに診てくれたのと、話をしっかり聞いてくれたので少し安心しました。
どうも背中、腰の筋肉が非常に硬い。凝りに凝ってる。さらに座ってる姿勢が悪いので硬い筋肉が神経を圧迫している。
前腿の痛みもそこから来ている。ぎっくり腰ではない。大腿四頭筋炎症あるいは膝蓋靭帯炎の可能性も少ない。
ここ最近、自転車ロードで強い負荷をかけて、長い時間のトレーニングをしていたましたが、おそらく長年の姿勢の悪さも影響しているのでしょう。   

ということで、生涯初の電気針を打ちました。ちくっとした瞬間、つぅーとした痛みに似たものが腰から脚にかけて走り、
電気による振動が始まりました。腰痛がひどかったせいか、
この振動が痛気持ち良い。そのあとお灸でした。最後は針を数か所、打って軽くマッサージ。
座ってみると、なんと!!キレイさっぱり痛みが消えてました。
この数か月続いていた、前腿の痛みも軽減されていました。
今回は針とお灸だったが、表面部分の凝りをほぐしているだけなので体の奥の方をやわらかくしないと痛みはとれないと言われました。
深層筋(イナーマッスル?)をほぐさないと根本的な改善にならないそうです。

先生からは自転車ロードのように長い時間の前傾姿勢でトレーニングした後は必ず、血行をよくすることだそうです。
風呂に入りながらストレッチが一番効果があると教えて頂きました。
もう一つは座っている姿勢を普段から意識しないと、すぐに再発すると言われています。
これは仕事や家庭での常に背筋を伸ばす意識で十分だそうでう。
先々週のこの激痛から姿勢を正して座る意識を徹底しています。今のところひどい腰痛はありません。

数年ぶりのひどい腰痛に襲われた時はモットンで決まり! へのコメントはまだありません
カテゴリー: Uncategorized

腰痛とは長い付き合い!これ以上は長く付き合いたくないため、続けていくこと。 3月 7, 2017

もともと腰痛持ちになったのは忘れもしない若かりし頃の17歳の時、スーパーマーケットでの品出しアルバイトをしていた頃になります。時間の許す限り、フルで出勤していたある日の品出し中に、見た目には重そうに見えた荷物を持ち上げたら、なんと意外にもとても軽く、勢いあまって肩より上に荷物が上がってしまい体勢は仰け反るような感じになり、腰にまさかの激痛!!かつて味わった事のない何とも言えないような鈍痛に苦しめられ、しばらくアルバイトを休む事になりました。布団から起き上がるにも四苦八苦、トイレでしゃがむにも四苦八苦、腰痛とは本当にやっかいなものです。そんなこんなで早数十年も経ちましたが、年々、腰痛が起こる周期が短くなり、今は年に数回は激痛に見舞われおります。腰痛改善筋トレ、腰痛改善ストレッチなどを続け、一時は腰痛から解放される時期もあったのですがやはりダメですね、年齢による筋肉の衰え&筋肉のこわばりなどには勝てません。今ではふとした身体の動きで激痛を起こすことがあるので、仕事時はもちろん、休日でも遠出する時にはコルセットが欠かせません。ひとたび腰痛が起きてしまったら、湿布&鎮痛薬を服用しながら、だましだまし仕事をする日々を送るようになってしまっています。ほんとうにやっかいな腰痛、短期間で快方に向かう改善策があれば試してみたいものです。この文章を書いている数時間前にも「腰痛改善マニュアル」的な書物を読んでストレッチを試していたのですが、腰のストレッチだけでも数種類もあるのですね、ひとつづつ試してみたのですが寝っ転がって腰をひねる動作が辛い辛い。昔、スポーツに詳しい知人に「背中が硬い」と言われた事を思い出し、背中だけでも上背、下背とそれぞれストレッチしたほうが良いのかもしれませんね。その結果、少~しは楽になったような?気がしました。上背、下背に続き、お尻の筋肉のストレッチも念入りに行い、次に股関節のストレッチを行ったのですが、驚くほど自分の股関節が硬い硬い(笑)あちこち錆びついています。後ろ側の腰だけではなく、おなかの筋肉も延ばすようにと解説があったので延ばしてみました。仰け反り過ぎるのこわいものがありますね、腰に非常に違和感をおぼえました。このようなストレッチも、腰に異常がない方は楽々とこなせるのでしょうね。うらやましい限りです。まだまだこれから長丁場の人生、コツコツとストレッチを繰り返しながら、この硬い身体を柔らかくして何とかコルセットの必要のない人生を送りたいものです。 

腰痛とは長い付き合い!これ以上は長く付き合いたくないため、続けていくこと。 へのコメントはまだありません
カテゴリー: Uncategorized