Menu

関係ないと思ったら実は枕だった…睡眠の質を上げる大切さ。 5月 5, 2017

34歳にもなると身体にガタが来るのも当たり前で、毎日同じ体勢でパソコンを打ってると、運動不足にもなる。
ある日、突然腰が痛くなって、会社のデスクチェアーから立てなくなってしまいました。
終業まで1時間を切っていたので、どうにか我慢して作業していたのですが、コピー機を使うために立った時に、じっと痛みを耐えなくてはならないくらいになってしまい、歩くのもやっとで、結局、会社の近くでタクシーを拾ってそのまま20歳からお世話になってる整体院へ直行。
私「腰が曲げられないんです。捻るととても痛くて…」
先生「何か重いもの持ち上げた?」
私「いいや、そんな事ないんですよね…いててて…」
先生「冷やしたりしなかった?」
私「基本、シャツインしてるんで…」
先生「今って、椅子の生活??」
私「いえ、こたつです」
先生「座布団敷いてる?」
私「はい、座椅子です…アッ!この間、友達が来た時に私は座椅子を譲ってしまって、床に直接座ってました」
先生「たぶんそれだね…筋肉が硬直してしまって、痛みが出たんだろうね」
フローリングの床に座っただけなのにぎっくり腰と同じ状態になってしまった私…。
治療に3週間ほど掛かりました…。
通常の施術とリハビリテーションを交互に繰り返し、少しずつ動かして、体幹を鍛えるトレーニング(フロントブリッジなど)をやってどうにか復活!
先生曰く「腰だけでなくて首から悪くなってるね。首が凝って肩が固くなって、背中に影響が出て、腰や股関節に来るんだよ」と。
そこで先生が「枕作ったら?」とおっしゃいました。
以前、テレビを見てて気になっていたので、いろいろと聞きました。
本当はマットレスの方が効果的なんです。
でも、マットレスは本当に良いものでないとなかなか効果が出ないし、合わないものを買ったときは、逆に身体に負担を掛けてしまうので、お手軽に買える枕を勧められました。
私が使っているのは「じぶんまくら(http://jibunmakura.com/)」です。
車で30分ほど走ったところにある布団屋さんで作れることを先生に教えてもらい、腰の状態が良くなった頃に作りに行きました!
最初に立った状態で頭と首のカーブを測り、そのデータを基に枕に綿やエラストマーチップなどを詰めていきます。
枕の中は、18個の部屋に分かれていて、頭の形に合わせて1グラム単位で素材の量を調整してくれます。
メンテナンス料も一生無料なので、最初は2万円以上の枕ってどうなんだろう?と思いましたが、以前は、よく起こしていた首の寝違いや起きたときの体の痛みもなくなりました。
腰だけの問題だと思っていた事が、実は首の問題だったんです。
「寝ても疲れる」「起きたときに首や腰が痛い」と言う人にはおすすめです!

カテゴリー Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です