Menu

腰痛とは長い付き合い!これ以上は長く付き合いたくないため、続けていくこと。 3月 7, 2017

もともと腰痛持ちになったのは忘れもしない若かりし頃の17歳の時、スーパーマーケットでの品出しアルバイトをしていた頃になります。時間の許す限り、フルで出勤していたある日の品出し中に、見た目には重そうに見えた荷物を持ち上げたら、なんと意外にもとても軽く、勢いあまって肩より上に荷物が上がってしまい体勢は仰け反るような感じになり、腰にまさかの激痛!!かつて味わった事のない何とも言えないような鈍痛に苦しめられ、しばらくアルバイトを休む事になりました。布団から起き上がるにも四苦八苦、トイレでしゃがむにも四苦八苦、腰痛とは本当にやっかいなものです。そんなこんなで早数十年も経ちましたが、年々、腰痛が起こる周期が短くなり、今は年に数回は激痛に見舞われおります。腰痛改善筋トレ、腰痛改善ストレッチなどを続け、一時は腰痛から解放される時期もあったのですがやはりダメですね、年齢による筋肉の衰え&筋肉のこわばりなどには勝てません。今ではふとした身体の動きで激痛を起こすことがあるので、仕事時はもちろん、休日でも遠出する時にはコルセットが欠かせません。ひとたび腰痛が起きてしまったら、湿布&鎮痛薬を服用しながら、だましだまし仕事をする日々を送るようになってしまっています。ほんとうにやっかいな腰痛、短期間で快方に向かう改善策があれば試してみたいものです。この文章を書いている数時間前にも「腰痛改善マニュアル」的な書物を読んでストレッチを試していたのですが、腰のストレッチだけでも数種類もあるのですね、ひとつづつ試してみたのですが寝っ転がって腰をひねる動作が辛い辛い。昔、スポーツに詳しい知人に「背中が硬い」と言われた事を思い出し、背中だけでも上背、下背とそれぞれストレッチしたほうが良いのかもしれませんね。その結果、少~しは楽になったような?気がしました。上背、下背に続き、お尻の筋肉のストレッチも念入りに行い、次に股関節のストレッチを行ったのですが、驚くほど自分の股関節が硬い硬い(笑)あちこち錆びついています。後ろ側の腰だけではなく、おなかの筋肉も延ばすようにと解説があったので延ばしてみました。仰け反り過ぎるのこわいものがありますね、腰に非常に違和感をおぼえました。このようなストレッチも、腰に異常がない方は楽々とこなせるのでしょうね。うらやましい限りです。まだまだこれから長丁場の人生、コツコツとストレッチを繰り返しながら、この硬い身体を柔らかくして何とかコルセットの必要のない人生を送りたいものです。 

カテゴリー Uncategorized

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です